pukuのfuku

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
PUKU onlineshop
ブログ内の商品が欲しい方はpuku shopへ!

shopへのメールもこちらへお気軽に!

CATEGORIES
mini info
pukuとは関係ないけど、kargoが
最近買ったモノ 


お正月の鏡餅飾り、銀座平つかの物
を買ったのですが、写真のコレもシンプルでかわいいですね。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ザ・ロード
コーマック・マッカーシー原作の「THE ROAD」を

読んだのはちょうど去年の今頃。

姉から送られてきた荷物に入っていました。

 

姉とはよく本や映画について感想を語り合うのですが

同じ環境で育った者同士のちょっと違う視点がとても新鮮なのです。

 

原作は荒廃した世界を父と息子がひたすら南に向かう姿が淡々と描き続けられてるので
どんな風に映画化されるのか
日本での公開を楽しみに待っておりました。

 

全編ほぼグレーシュな寒々しいスクリーンの中で 火とブランケットの暖かな色合いが印象的でした。

そのブランケットに包まる子供こそが 絶望の中 運び続ける希望の「火」の象徴なのかもしれません。

 

それにしてもCGを使わずにアノ映像を撮ったなんて・・

俳優さん達の素晴しい演技も手伝って・・
残酷なほどのリアリティで「
善き者」として生き続けられるのだろぅか?と思ったほど。


もしもご興味がある方は
原作を読んでから映画館に行かれる事をお薦めいたしまーす。

スポンサーサイト
- | 09:26 | - | -
コメント
from: atsumi   2010/08/10 4:09 PM
素晴らしい作品でした。
原作未読なので是非読まねば!
作品自体のすばらしさに加えて、それ以外の様々なイメージをも喚起させる力を持った作品だと思います。見てから数日たちますが、あれこれ写真集見たり、さまよっています。
劇場が空いてたのがなんとも寂しい。見た目暗いからしょうがないかあ〜でもなるべく多くの人に見て感じてほしいなあ!!!
from: puku   2010/08/11 6:27 AM
atsumi様 観に行ってくださったのですね。
確か私が観た時も封切直後にもかかわらず そんなに混んでなかったよぅな。。。
デートでも親子でも選ばないよぅな映画ですものね。

原作も映画以上にただただ ただただ寒々しい景色が続き
目を伏せ息をひそめてしまいそぅですが
それでもナゼかチカラが湧いてくる不思議な作品ですよ。
コメントする